公益財団法人 伊藤謝恩育英財団 Ito Scholarship Foundation

OB・OGからのメッセージ

2015/02/16

感謝の心で

1996年度日本研究/1997年度大学院奨学生 Sさん

日本の横浜市立大学大学院へ留学し、セルビアに帰国してからベオグラードの政治学財団で歴史化の仕事をしております。この仕事中、日本の歴史の本を出したこともあって、現在、セルビアの歴史の本とエッセイを出したりしております。セルビアの歴史の研究の仕事はかなり難しいですが、同時に面白くて、周りの人々の理解のおかげでこの仕事を気持ちよくするようになりました。これからも静かに気持ちよくセルビアの歴史の研究の仕事をしていきたいと思っております。 伊藤謝恩育英財団から奨学金を頂いたときに、それまでの自費留学生の生活が楽になり、勉強に集中することが出来ました。心から感謝しており、伊藤雅俊理事長と財団スタッフの皆様が幸せになっていただきたいと願っております。優しい理事長ご夫妻をはじめ、財団の皆様は本当に日本学生や留学生達を優しくしてくださって公式レベル及び個人レベルで日本の文化を素晴らしく促進する代表だと思っております。 奨学生は一生懸命に勉強や仕事をすると、必ず夢が実現することができます。 どうぞ、ずっと自分の心の中で伊藤謝恩育英財団の思い出を大事にしながら、優しさと謝恩の心で周りの人々の助けになって、幸せになっていただきたいと願っています。
現在/政治学研究所 主任研究員
Page Top