公益財団法人 伊藤謝恩育英財団 Ito Scholarship Foundation

OB・OGからのメッセージ

2016/01/29

伊藤謝恩育英財団からの贈り物

1998年度大学奨学生 Wさん

スイスのバーゼルからこんにちは。私はチェンバリストとして活動しています。 現在は演奏活動と共にチェンバロの教師、コレペティとして後進の指導もしています。また、本年9月から長年興味があった"バロック形式 に基づいた即興演奏"の修士課程に入学し勉強も続けています。 即興演奏は奥が深く、自分の感性や曲を構成する知識、演奏技術をフル活用して自由自在に音を奏でます。臨機応変に色彩豊かな演奏ができるように... 伊藤謝恩財団に音楽学生として受け入れていただけたことはいつも私の支えとなっています。当時は、音楽を通して何が出来るのか?と自問の日々でした。ですが、本財団を通して知り合えた個性豊かな方々や、各国から集まる学生達と接するうちに気付く事が出来ました。私は音楽を追求することで皆と幸せを共有出来るのだ、と。音楽に没頭し、そして音楽を通じて様々な事を学ぶ環境をくださった伊藤謝恩育英財団の皆さんには感謝の気持ちで一杯です。どうぞ皆さんも自分の興味のある事を精一杯学び、そして立場が変わった際には自分の持っている物全てを伝えていって下さい。 これからも私の出来る事を伸ばすことで、謝恩の絆をつなげていきたいと思います。
現在/ベルン音楽大学、ベルン音楽学校、ビール音楽学校
Page Top