公益財団法人 伊藤謝恩育英財団 Ito Scholarship Foundation

OB・OGからのメッセージ

2017/01/05

謝恩の心が私の原動力

1999年度大学奨学生 Kさん

貴財団にご支援頂いた大学4年間。振り返ればあの日々が今につながる原点となっています。在学中にアメリカ留学の機会を得、帰国後新たな志を得て大学院に進み、国際協力・国際開発に係る研究に没頭しました。人や組織の力を発揮する人材育成に関わる仕事に興味を持ち、民間企業での経験を経たのち、日本の国際協力を担う現在の仕事に就いてから今年で9年目となります。外務省を始めとする省庁や外国政府からの委託を受け、海外の若手行政官等の留学生受入支援、北米やアジア各国の大学・高校生の訪日交流プログラムの企画運営等を行っています。昨年、九州に異動となり、実り豊かな自然と地域の人々との交流に私自身が魅了される中で、海外の若い世代に、もっと日本の魅力に触れ、日本を好きになってもらいたい思いが強まりました。将来日本と各国の架け橋となる可能性に満ち溢れた彼らと若き日の自分が重なり、今の仕事に大きな責任とやりがいを感じています。かつて私に注いで下さった並々ならぬご支援への「謝恩」の思いが今の私の原動力となってくれています。
現在/一般財団法人日本国際協力センター(JICE)九州支所長
Page Top